への丸航海日誌

World of Warships(WoWs)やSteelOceanの設定、情報、プレイ日誌等

World of Warshipsが正式リリースとなりましたが・・・[WoWs]

   

3ヶ月弱のオープンβテストを経て2015年9月17日にWorld of Warships(WoWs)が正式リリースと相成りました。

WoTの際は、結構色々と喫茶店やPCショップと提携したイベントが有ったり公式サイトでもアイテムの安売りやゲーム内イベント等があって盛り上げようという機運が感じられました。
なのでWoWsもきっと正式リリースの際は、それなりのイベントが有ったりするのだろうと思って居ました。

駄菓子菓子!

公式サイトでのプレミアム艦やフラッグ等の安売りや経験値3倍等の施策は、ありますが特にコレと言ったイベントもありません。

ただ、「正式リリース!!」という記述が公式サイトに掲げられただけです。

これは、きっとASIAサーバーだけに違いないと思いNAサーバーの様子も見てみるとASIAサーバーと異なる点は、当時大西洋最強のビスマルクと同型艦でありながら港で爆撃されまくった戦艦ティルピッツの販売が開始された事位です。

4446c656-57e2-11e5-b256-000c29ca62ad_1200x

どうやら世界的に「リリース」の発表だけのようです。

同時期に東京ゲームショウが開催されているのでそちらがイベントと思えば確かにアルペジオmodが使える環境が有ったりするらしいのでそうかもしれません。ですがそこ以外は、どうも盛り上がりに欠けるようです。

そして東京ゲームショウにてのWargaming.net中の人へのインタビューで気になる点が

柳沼氏: 世界規模で最高同時接続数は13万でした。中でも日本、アジアは高い数字を記録しています。

「日本、アジアは」というお話。日本以外は、余り当たっていないのでしょうか?そうであればちょろっとしたゲーム内イベント程度なのも頷けます。人気が足りないのにそんなにお金かけても仕方ないですしね。

そして、ゲーム内容も正式リリースに合わせて何かしらのアップデートがあるのかと思ったら前回のアップデートで何故か機能のみ実装されていたランク戦が解禁になったという事位です。
ちなみにランク戦は、Tier6-7の艦艇を保有していないとプレイ不能の為まだ、試していません。当方は、Tier5までしか行っていないのです。
正式リリースに合わせてVer0.5.0アップデートがありましたが内容は、不具合対応が殆どと多分オープニングムービーが少々変わった事位です。

オープンβテストの段階で課金を始めてしまっていたので実質的にリリースと同じ気が激しくしていましたから現状でのリリースでも問題ないのでしょうけどそうするとオープンβテスト期間は、何だったの?という気がします。オープンβテスト期間から正式リリース時の全データワイプもありませんでしたしね。

World of Tanksは、日本での正式リリース時にTVCMも流れました。

そして現在は、セクハラ的な別バージョンが流れています。砲が顔に付いているKV-2よりもフェルディナントの方がイメージ的に「そう」だったのでしょうか?

そしてWorld of WarshipsもTVCMが流れるのかと思いきややってないですよね???たぶん。

最後に

東京ゲームショウでの中の人へのインタビューでは、「来月」だから10月という事だと思いますがソ連とドイツの開発ツリーが追加になるという事です。今後の展望もあるようなのでどこかのなんとかWarplanesのような寒いことには、ならないように願うばかりです。

参照:ImpressゲームWatch「「World of Warships」、正式サービス開始記念インタビュー

 - WoWs ,

ブログパーツ